石巻市蛇田に『麺屋 燈花』がオープン!「らぁ麺はやし田」監修店が石巻にも

麺屋燈火

どうもこんにちは、かずさんです。

今回ご紹介するのは、7月22日石巻蛇田にオープンした『麺屋 燈花(とうか)』さんです。

『麺屋燈花』さんは、新宿の人気ラーメン店「らぁ麺はやし田」監修店。仙台では一番町に「らぁ麺すみ田」が同じく監修店としてオープン済みで、すでに人気のお店となっています。

今回は、はやし田監修店が一挙に3店舗オープンということで、登米の「麺屋 鳳花」に始まり、今回の「麺屋 燈花」、そして8月には岩手県の平泉に「麺屋 一閃花」のオープンが決まっています。

今回オープンの麺屋燈花さんでは、オープン記念としてなんと「らぁ麺」が一杯500円! という破格の値段で提供されるということで、さっそく開店目指して食べに行ってきました!

麺屋 燈花の場所と駐車場

麺屋 燈花の店舗外観

麺屋燈花の場所ですが、石巻市蛇田中埣に店舗があります。「ダブルストーン蛇田店」と同じ敷地内で、以前は「石焼ラーメン火山」があった場所になります。

開店めがけて伺ったんですが、すでに凄い行列が出来ていました(笑)。

ダブルストーンの駐車場

駐車場はダブルストーンと共用になっているようなので、かなりの台数が駐められます。が、この日はオープン初日ということもあってか、満車になっていました。

店内の様子

店内のテーブル席
店内のカウンター席

店内に入ると、スタッフさんが席まで案内してくれます。券売機などは無いので、座席から注文するシステムです。店内は明るく落ち着いた雰囲気で、カウンター席が3席と、二人がけ用と四人がけ用のテーブル席がいくつか置いてあります。思ってたより結構広めな店内でした。

テーブル席、カウンター席ともにガッチリ間仕切られていて、飛沫対策はバッチリのようです。

卓上の調味料

卓上には、酢、プラックペッパー、ホワイトペッパーなどの調味料。右端のスプーン付きの容れ物には、「すりおろしニンニク」がたっぷり入ってました。

呼び出しボタン

スタッフさんの呼び出しボタンが各席に備え付けてあるので、注文が決まったらボタンを押しましょう。大声で呼ばなくても良いので、恥ずかしがりで引っ込み思案なアナタも安心です。

言い方。

店内の給水器

お水はセルフ。店内の中央あたりに給水器が置いてあります。コップは給水器の下にあるので、間違って右側にあるお子様用のカップを使わないように注意です。私はあぶなく間違えるところでした。

ずいぶん可愛らしいコップで恥ずかしいなあ、と思ったんですよね。

麺屋燈花のメニュー

麺屋燈花のメニュー

オープン初日ということもあってか、提供されているのは「らぁ麺」とサイドメニューのみでした。オープン記念として、価格は特別価格になっています。

「らぁ麺」のメニュー写真

基本の「らぁ麺」は、味玉付きの「味玉らぁ麺」と、トッピング全量2倍の「特製らぁ麺」を加えた3種類が提供されてます。

なお、らぁ麺のみ「大盛り」は無く「替え玉」での提供になるそうです。今後販売予定のつけ麺は大盛り可能みたいですね。

金目鯛らぁ麺のメニュー写真

お店一押しの「金目鯛らぁ麺」は、高級魚「金目鯛」のアラを丁寧に炊き上げたスープが売りのメニュー。金目鯛らぁ麺とつけ麺は、7月24日から販売開始ということで、この日は食べられませんでした。

茶漬けのメニュー写真

サイドメニューでは、ご飯物の「茶漬け」や「炊き込みご飯」のほか、「唐揚げ」などの一品メニューや瓶ビールなんかもあります。

メインの「らぁ麺」は特別価格で、金目鯛らぁ麺は販売前だったので、通常の販売価格が不明ですが、おそらく登米の「麺屋鳳花」さんと同じではないかと思います。間違っていたら、情報が入り次第修正します。

らぁ麺800円
味玉らぁ麺950円
特製らぁ麺1050円
特製金目鯛らぁ麺1080円
特製金目鯛つけ麺1080円
特製つけ麺1050円
茶漬け250円
炊き込みご飯350円
ライス150円
唐揚げ(3個)330円
唐揚げライスセット380円
瓶ビール550円
ジュース200円
薄切りチャーシュー180円
穂先メンマ120円
味玉150円
青ネギ120円
紫たまねぎ120円

鴨と大山鶏の芳醇スープ!『特製らぁ麺』

麺屋 燈花の特製らぁ麺

こちらは「特製らぁ麺」。特製だとトッピングがすべて2倍になり、味玉が付いてきます。味玉以外の具材は、メンマ、ネギ、紫玉ねぎ、レアチャーシューなどが入ってます。席についてから、5分ぐらいで配膳。ふわりと鶏と醤油の香りが鼻孔をくすぐり、テンションが上がります。

特製らぁ麺の麺

麺は細麺のストレートでぱっつん系の食感、今風な麺という印象で、適度なコシがあります。数種類の小麦を厳選してブレンドしているそうです。

鴨と大山鶏のスープ

鴨と大山鶏をまるごと使用したスープ。やや甘めで動物性の旨味というか、鶏の旨味が溢れるスープ。炊き出し時間と温度管理にこだわっているそうです。甘めなのは鴨だしでしょうか?

オイリーなビジュアルですがクドくはありません。スープはずっとアツアツで醤油の風味も良く、最後まで美味しくいただきました。

穂先メンマ

長~い穂先メンマ。柔らかいですがシャキシャキした食感もあって、下味もしっかり付いてます。食べごたえもあって美味しいですね。

薄切りのレアチャーシュー

レアチャーシューはしっとり、ムチッとした食感。かなり薄切りですがキレイに丸められていて、味付けはしっかりめ。スープに入れて放置しておくと、色と食感が普通のチャーシューのように変わっちゃいます。

半熟の味玉

味玉は半熟で、割ると黄身がとろりと溢れてきます。食感はけっこう濃厚でトロトロ。

〆に食べたい!出汁香る『茶漬け』

麺屋 燈花の茶漬け

御飯の上にほぐしチャーシューとネギ、そして魚介ダシのスープが入った「茶漬け」。魚介ダシは「宗田鰹」と「鯖」から抽出されているそうです。

メニューには「お好みでわさびをご利用ください」と書いてありますが、すでにスープにINしてますね(笑)

出汁は入ってますが、このままでは味がしないので、こちらにラーメンのスープを投入していただくスタイルです。 

スープを入れた茶漬け

スープ投入後はこんな感じに。

美味しそうでござるぅぅ!

ラーメンスープ入り茶漬け

出汁の風味に、ラーメンスープの旨味、そしてワサビがほんのり効いて、〆に最適な美味しい茶漬けになりました。

飲んだ〆に絶対美味いやつ!

営業時間・アクセス

店名麺屋 燈花
住所〒986-0861 宮城県石巻市中埣52−1
電話番号
営業時間【平日】
11:00~15:00(L.O14:30)
18:00~21:00(L.O20:30)
【土日祝】
11:00~16:00(L.O15:30)
17:30~21:00(L.O20:30)
定休日なし
駐車場あり
アクセス・道案内石巻河南I.Cから東へ1.5キロほど、ダブルストーン蛇田店敷地内
公式ホームページhttps://ramen1.com/
SNS

まとめ

石巻市蛇田にオープンした「麺屋 燈花」さんにお邪魔しました。

伺った日はオープン初日ということで、なんと500円でらぁ麺が食べられるという大盤振る舞い。お店イチオシの「金目鯛らぁ麺」は食べられませんでしたが、こちらは7月24日からの販売、ということみたいですね。

開店前から長蛇の列が出来ていましたが、開店日とは思えないオペレーションの良さで、待ち時間は思っていたほどではありませんでした。接客も明るくさわやかで良い感じ。

こってり系のラーメンではないので、あっさり系が好きな人にはかなりおすすめ。「金目鯛らぁ麺」が解禁されたら、また伺ってみたいと思います。

ラーメン好きのあなたにオススメの記事
>>塩竈市のおすすめラーメン14選!編集部が実際に食べ歩いた人気店をご紹介!
>>仙台市のおすすめ担々麺の店 | 濃厚ウマ辛やみつきの一杯をご紹介
>>仙台市のおすすめ二郎系・G系ラーメン店 | 腹一杯旨さ一杯の人気店をご紹介

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJIMOHACK宮城をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

かずさん

Web製作・Webマーケティングのお仕事してます。JIMOHACK宮城編集長のかずさんです。宮城の良さを一人でも多くの人に伝えるため、今日も記事を書いてます。ジモハックで地域貢献、目指してます。

関連記事

  1. 和歌珈琲

    多賀城の「和歌珈琲」は古代米クレープがもっちり美味しいテイクアウトカフェ

  2. 仙台空港にTohoku Trattorìa TREGION GALLEYがオープン!東北ペスカトーレを堪能

  3. 麺koo

    塩竈市のラーメン店「麺KOO(めんこう)」が新規開店!牛タンラーメンの店

  4. 醤麺男

    青葉区本町に『醤麺男~ジャンメンマン~』がオープン!牡蠣と海老とザンギの店

  5. couleur

    塩竈のクルール(COULEUR)は作り込まれたスイーツが美味しいホールケーキ専門店

  6. 壱弐参横丁に「れーげんぼーげん」がオープン!自作スパイスの本格カレーに舌鼓

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA