【塩釜キッチン花】が本塩釜駅近くにオープン!どんどん焼きが名物

キッチン花

どうもこんにちは、編集長のかずさんです。

今回は本塩釜駅のすぐ近くにオープンした軽食店、「塩釜キッチン花」さんで名物のどんどん焼きを食べてきました。

どんどん焼きといえば、お祭りの出店とかでよく見るあの食べ物ですが、地域によって形や味が違うのが特徴。大正時代の昔から人々に愛される庶民的な食べ物です。

塩釜キッチン花さんのどんどん焼き、一体どんなお味なんでしょうか?

塩釜キッチン花の店舗と駐車場

塩釜キッチン花の店舗

塩釜キッチン花さんは、本塩釜駅の西側、セブンイレブンの裏手にお店があります。

塩竈市民ならわかるかもしれませんが、以前は「りんごカフェ」というフランス人の方がパティシエをしていたカフェがあった場所です。

塩釜キッチン花までの道

セブンイレブンの裏側を、本塩釜駅側に行くとすぐ目の前にお店があります。

駐車場ですが、専用の駐車場はありません。ただ、近くにコインパーキングがたくさんありますので、車で来ても特に困ることはないと思います。仙台の街中と違って、この辺は安いですしねw

塩釜キッチン花の店内

店内は、4人がけのテーブル席が2つに、カウンター席もあります。テーブルとカウンター席を合わせれば、13~15人ぐらい入れそうです。

オープンしたてということもあって、お祝いの花がたくさん飾られていました。それと、棚には米やら調味料やら、食器類やらが陳列されていましたが、これは売り物なんでしょうか?値札も付いてなかったので、ちょっとわかりませんでした。

壁には、昭和を感じさせるポスターが。「アサヒビール」と書いてますね。なんとなくですが、気分が酒場放浪記な感じになりました。

塩釜キッチン花のメニュー

キッチン花のメニュー1

さて、お店の玄関にある看板に大きく「どんどん焼き」と書いてありましたので、食べるのはどんどん焼きに決まっていたわけですが(笑)メニューを見ると、プレーンのどんどん焼きの他に、様々な具材を入れたものも食べられるようです。

具材を詳しく書くと、とまと、納豆、ピザ、玉子、キムチ、Wチーズ、じゃがバター、ベーコンチーズ、えびピラフ、ウインナーの計10種類。

えびピラフやピザなど、ちょっと味が想像できない具材に相当心惹かれましたが、ここはやはり初回ですので、まずはシンプルな具材なしをオーダーです。

メニューはもちろんどんどん焼きだけではなく、藻塩の焼きそばや、ソフトクリームにワッフルといった甘い系の食べ物も揃ってました。なお、ワッフルは米粉のワッフルですが、1日20食限定だそうです。

ホットコーヒーなどは無く、やはりカフェというよりは軽食屋さんという感じなんですかね。

メニュー一覧

どんどん焼き300円
具入りどんどん焼き400円
どんどん焼き+ソフトドリンク600円
まぐろの唐揚げ350円
塩竈藻塩焼きそば800円
米粉ワッフル300円
米粉果肉ワッフル400円
ソフトクリーム280円
プレミアムバニラ350円
アイスコーヒー300円
ソフトドリンク250円

どんどん焼きはモチモチでふわふわ

お店のお姉さんに注文すると、キッチンからどんどん焼きを焼く音が聞こえてきます。注文から10分ぐらいで出来上がりました。こちらがどんどん焼きのプレーンです。

青のりとソースがかけられて、その上にマヨネーズという鉄板の形。屋台で食べるどんどん焼きは割り箸に巻きつけてありますが、こちらは割り箸は無し。ただ、ロール状に巻かれているみたいですね。

こちらは、どこの地域のどんどん焼きがベースなんでしょう?仙台はたしか醤油だれだと思ったので、山形のものかもしれません。

プレーンのどんどん焼きは、紅生姜、青のり、キャベツ、タコが主な具材。タコが柔らかくて美味いです。ソースは酸味が強い感じがしました。マヨネーズが良い感じにマイルドにしてくれます。

ソースでちょっと咳き込みそうになりましたw

食べた感じとしては、看板にかかれているとおり、モチモチしながらもふわっとした食感。矛盾してるように感じるかもしれませんが、実際にそのとおりの食感でした。

モッチリした美味しい生地で、ふわっとした食感が出せるというのは、これは焼き方によるものかもしれません。パクパク食べてしまいます。

ビールが飲みたくなるやつでござる

本気でビールが飲みたくなったので注文したかったんですが、昼はアルコールの提供はしていないそうです。残念。

今回はプレーンを注文しましたが、これは具材を入れるとさらに美味しい気がしますね。しつこいようですが、えびピラフとかかなり気になります。

営業時間・アクセス

営業時間ですが、お店の看板には特に明記されていませんでした。お店のお姉さんに効いてみると、まだ正確な営業時間は決めてないとのこと。これから実際に営業しながら、考えていくそうです。

現時点では、10:00開店の21:00閉店とおっしゃってました。確か。多分。そう聞いた気がしますw

間違ってたらゴメンなさい

店名塩釜キッチン花
住所〒985-0002 宮城県塩竈市海岸通 4番9号
電話番号
営業時間10:00~17:00
18:00~21:00
定休日不定休
駐車場なし
アクセス・道案内本塩釜駅の西側、セブンイレブンの南
公式ホームページ
SNSTwitter

まとめ

塩釜キッチン花さん、どんどん焼きが名物の塩竈の新店をご紹介しました。なお、昼の部と夜の部では提供されるメニューが違うそうです。夜の部はアルコールもあるそうなので、ビールとどんどん焼きで一杯、なんてのも良さげですね。

聞いたところによると、夜メニューは居酒屋メニューになるみたいで、内容がガラッと変わるっぽいです。

これは夜も取材に行かねばなりませんね。

飲みたいだけでござろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJIMOHACK宮城をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
かずさん

かずさん

Web製作・Webマーケティングのお仕事してます。JIMOHACK宮城編集長のかずさんです。宮城の良さを一人でも多くの人に伝えるため、今日も記事を書いてます。ジモハックで地域貢献、目指してます。

関連記事

  1. 来々亭

    塩釜市老舗のラーメン店「来々軒」はチャーハンもラーメンもオススメ!

  2. 伊藤商店の朝ラー

    伊藤商店【仙台港店】で朝ラーを食べてきた!味わい深い清湯スープ!

  3. 【塩竈市】東華食堂でチャーシュー麺を食す!塩釜老舗ラーメンの懐かしい味

  4. 175°DENO担々麺仙台店 | 痺辛の担々麺は花椒がすごい本格派

  5. 利府町にある人気店『麺屋 久兵衛』で魚介系味噌らーめんを楽しむ!

  6. 塩釜ラーメンの老舗店「竹屋」の五目あんかけラーメンは優しい旨味

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。