はらいそカリーでスパイスカレーを堪能!バスマティライス使用の本格派

どうもこんにちは、ジモハック宮城編集長のかずさんです。

今回伺ったのは、以前から気になっていたスパイスカレーのお店「はらいそカリー」さんです。

昨年(2019年)の11月にオープンして以来、SNSでも「美味しい」という口コミが結構多くて、ずーっと気になってはいたんですが、なかなか訪問できずにおりました。

今回は初訪問ということで、どんなスパイスカレーが食べられるのか、めちゃめちゃ楽しみです!

はらいそカリーの場所と駐車場について

はらいそカリーさんは、勾当台公園の西側に店舗があります。勾当台公園駅の北出口1から出て、西に200mぐらい行くとお店の看板が出ています。ちょっとわかりにくい感じですが、近くを通るとスパイスの香りが漂ってくるので、すぐわかるはずです(笑)

入り口がちょっと分かりにくいですが、こちらの「ヨコヤマビル」の中に入って3階にお店があります。ビルの駐車場はありませんので、車の場合は近くのコインパークに駐車しましょう。付近には結構コインパークがあるので、駐車場難民にはならないと思います。

ビルのインフォメーションだと3階が「Tiki-Poto」というお店になってますが、はらいそカリーさんはTiki-Potoと業務提携していて、昼間は店舗を間借りして営業されているんだそうです。

なので、夜はBarになるのでカレーの営業はしてません。お昼のみの営業になります。

3階に上がるには、エレベーターを使います。エレベーターは1階の左手にあります。

エレベーターから降りるとすぐ左側に、お店の入り口があります。中が見えずちょっと入りにくい雰囲気がありますが、勇気を出して一歩踏み出しましょう(笑)

扉を開けるとすぐ目の前にアルコールジェルやスプレーが置いてあるので、そこでまずは消毒してから入店します。

店内の様子はこんな感じです。もともとはBarですので、カウンター席とテーブル席があり、店内は結構広いです。夜はアコースティックライブとかもやってるみたいですね。

はらいそカリーのメニュー

メニューを拝見しようと思ったら、ルーズリーフに手書きされたものでした。これはこれで味があって良いですが(笑)食べログとかにはちゃんとしたメニュー表が載ってたと思ったんですが、無くなっちゃったんですかね。

さて、今回はやはりカレーを食べに来たので、はらいそチキンカリーか通常のチキンカリーの2択になりました。ちなみに、はらいそカリーは通常のチキンカリーにトッピングが色々乗ったものなんだそうです。

せっかくなので、今回はトッピング全乗せの「はらいそチキンカリー」に決定。「辛さどうしますか?」と店主さんに聞かれたので、辛いのにしてもらいました。

はらいそチキンカリーは本格派のインドカレー

こちらがトッピング全乗せの「はらいそチキンカリー」。お皿を受け取るとフワリとスパイスの香りが鼻孔をくすぐり、すぐにガッツキたくなりますが、心を落ち着けて芳香を楽しみます。

カレーは小麦粉不使用ということで、粘度がないサラサラ系。辛めにしてもらったので、なかなか本格的に辛いです。もちろん、激辛系ではなく、美味しく食べられる範囲での心地よい辛さ。

ちなみに、店主さんはカレーで有名な無国籍料理の店「リチクク」のマスターに教えを受けたんだそうです。

ライスは日本米ではなく、最高級のインド米と言われる「バスマティライス」。日本米と比べるともっちり感が無く、サラサラした食感と言うんでしょうか?形も細長くて、日本米とは全然違いますね。

このサラサラのスパイスカレーには、やはり日本米よりもこのバスマティライスが合うと思います。ちなみに、ライスは大盛り無料でおかわりもOKです。これは嬉しいですね。

副菜は茄子のアチャールなど3種類。一つずつカレーに混ぜても良いですが、おすすめの食べ方はカレーも副菜も全部混ぜ混ぜする食べ方。酸味や甘み、辛味が一体になって激ウマです。

カレーってすごい。

こちらはたしか、サンバルという料理だったと思います。甘い味がします。これもカレーに混ぜても良いそうです。店主さんによると、南インドの味噌汁みたいなもんです、とのことでした。

そしてチキン!このチキンが柔らかくホロホロに煮込んであって、スプーンで簡単にほぐれます。骨はついてないので食べやすいです。

このチキンは絶品でござる~

スパイシーで本格的なインドカレー、欧風のカレーライスよりも、スパイスの芳香を楽しむ系のカレーが好きな人にはかなりおすすめです。

ちなみに、ライスは日本米と違って粘り気がないので、軽い食感で男性だと普通盛りではちょっと物足りないかもしれません。大盛りとおかわりが無料なので、遠慮なくお願いしましょう。店主さんによると、カロリーが低いのでたくさん食べても大丈夫だそうですw

僕はおかわりをお願いしました。

営業時間・アクセス

店名はらいそカリー
住所〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目5−24 横山ビル 3F
電話番号022-393-8236
営業時間11:00~15:00
定休日日曜日
駐車場なし
アクセス・道案内勾当台公園駅北出入口1から西へ200mほど
公式ホームページ
SNSInstagram
Twitter

はらいそカリーまとめ

国分町の雑居ビル3階にあるカレー屋さん「はらいそカリー」さん、入り口から中が見えないので、ちょっと入りにくい雰囲気があるかもしれませんが、ドアを開ければ気さくな店主さんがお迎えしてくれます。

「ご飯間に合いますか?」「辛さ大丈夫でしたか?」など、気配りもバッチリで話しやすい店主さんです。お一人で来店される女性客も多いようですので、気兼ねなく入ってみてください。

カレーはスパイスが香る本格派ですが、辛いもの好きな方は是非辛めで食べてみることをおすすめします。

お店の店休日などは、Twitterやインスタグラムで月ごとに発信されているようなので、お店に行く前にチェックしておきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJIMOHACK宮城をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
かずさん

かずさん

Web製作・Webマーケティングのお仕事してます。JIMOHACK宮城編集長のかずさんです。宮城の良さを一人でも多くの人に伝えるため、今日も記事を書いてます。ジモハックで地域貢献、目指してます。

関連記事

  1. Chai Lab.(チャイラボ)印度カリー子コラボ店はスパイスの入門店!

  2. 【開店情報】自家製麺ビブグルメンの「ビブ中華そば」を食べてきた

  3. 仙台発スープカレー専門店 MORI | 地産にこだわるスープカレー

  4. 蛇口からレモンサワー?『おさかなセンター イチノイチ』新店情報!

  5. 仙台市青葉区上杉にある人気店『麺 まぜたん』で元気にまぜまぜ〜!

  6. 【仙台市青葉区】かつどんのかつどん家で分厚いロースカツ丼を食してきた!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。