塩竈市「暮らしの市」今年は複数イベント同時開催!14・15日は塩竈を街ブラしよう!

どうもこんにちは、ジモハック宮城編集長のかずさんです。

毎年塩竈市杉村惇美術館で開催されている恒例イベントの「暮らしの市」、今年はコロナの影響で開催が見送られていましたが、11月14日(土)と11月15日(日)の2日間で開催されるみたいです。

そして今年は、「暮らしの市」のほかにも「角の市」「キノモノイトノモノそしてネコノモノ」さらに「飛び出すビルド!のワークショップ」も同時開催とのこと。

これらに加えてスタンプラリーも行われるということで、本町商店街一帯で行われるちょっとしたお祭りイベントのようになっています。

なるほど、よくわからないですね。

まずはイベントの内容を紹介でござる。

どんなイベントなの?

今回は複数のイベントが同時開催ということで、本町商店街の各所で雑貨販売やワークショップ体験、その日限定メニューの販売などが行われます。参加するお店は以下の通り。

太田與八郎商店角市
カフェはれまキノモノイトノモノそしてネコノモノ
塩竈市杉村惇美術館暮らしの市
ビルド・フルーガス飛び出すビルド!のワークショップ
Natural born style.ぐるぐるぐるぐるスタンプラリー
本町商店街各店ワークショップ、限定メニュー販売など

簡単に説明すると、例年だとそれぞれ独立して開催されていた各イベントが、今年は同時開催されるということ、さらにスタンプラリーを取り入れたことで、連続した一つのイベントのようになっています。

当日は掘り出し物の古物や手作り品を探したり、お菓子やパンを食べたり、ワークショップを体験したりと、街歩きをしながら様々なイベントを楽しむことが出来ます。

ここから具体的に紹介していくでござる。

太田與八郎商店「角市」

角市で買い物をするカップル
※画像はイメージです
角市のマップ

角市は、太田與八郎商店が毎年行っている小さな市です。太田與八郎商店は江戸時代創業の味噌醤油醸造元で、「仙台みそジェラート」や「塩竈藻塩ジェラート」が人気のお店。

当日はお店の駐車場を使って、木工品、刺繍、陶器、古物、はちみつ、パン、似顔絵などの販売や木工ワークショップ、モバイルハウスの展示などが行われます。

カフェはれま「キノモノイトノモノそしてネコノモノ」

カフェはれまの外観
お飾りを作る女性
※画像はイメージです

明治時代建築の「ゑび屋旅館」をリノベーションして作られた「カフェはれま」では、手作り品の雑貨市とワークショップが体験出来ます。

具体的には、猫に関わる手作り雑貨、和の袋物、着物リメイク小物、消しゴム判子などの販売のほか、花飾りをつけたちりめん細工のお重ね餅を作るワークショップが開催されます。

おかさね餅のワークショップは予約制で、時間は13:00~15:30までとなります。

問い合わせ・予約:090-4557-1671

塩竈市杉浦惇美術館「暮らしの市」

塩竈市杉村惇美術館の入り口
ワークショップを楽しむ女性
※画像はイメージです

暮らしの市は、塩竈市杉村惇美術館と、本町商店街の各店舗、くるくる広場(浦霞向かいの広場)で開催されます。美術館内では木の実のリース作りやバッグ作りなどのワークショップ体験が。

くるくる広場では各地の個性的なパンが販売されるパンの市の他、アイシングクッキーなどの焼き菓子、工芸品や雑貨などが販売されます。

本町商店街で暮らしの市に参加している店舗では、その日限定の特別メニューが提供されていたり、ワークショップを開催している店舗もあります。

ビルド・フルーガス「飛び出すビルド!のワークショップ」

ビルド・フルーガスの外観
ワークショップに夢中な子供
※画像はイメージです

塩竈市港町にあるアートギャラリー「ビルド・フルーガス」の代表、高田さんが企画する出張ワークショップ「飛び出す!ビルドのワークショップ」は、震災後は子どもたちが受けるストレスを少しでも発散出来るようにと、被災地を回って開催されていました。

今回は暮らしの市との共同開催ということで、「しおがまパノラマ」「塩竈市杉村惇美術館」そして理容美容KOCO脇の駐車スペースの3箇所で行われます。

このうち、しおがまパノラマで行われる陶芸体験は、参加費無料ですが予約が必要です。開催時間は10:30~12:30と13:00~15:00の2部構成。

飛び出すビルド!の陶芸体験に予約する

Natural born style.「ぐるぐるぐるぐるスタンプラリー」

話し上手な店主さんが美味しいコーヒーや料理を出してくれるカフェ「Natural born style.」発案のスタンプラリー企画。

11月14日、15日の期間中に該当店舗のスタンプを集めることで、Natural born style.か塩竈市杉村惇美術館のどちらかで、記念品(塩竈文化を楽しむ手ぬぐいなど)をもらうことが出来ます(各日先着50名)。

なお、企画したNatural born style.では、期間限定としてクラムチャウダーがメニューに加わるそうですよ。

スタンプラリーに参加している店舗は、画像の○印が付いたお店になります。

スタンプラリー参加店舗
  • Natural born style.
  • 菓匠榮太郎本舗
  • Otomo.
  • andMore
  • 市川紙店(クリスマスカード作り)
  • 食事と喫茶もとまち
  • ジェラテリアフルーツラボラトリー
  • クレオパンテール
  • カフェはれま
  • 太田與八郎商店
  • やまだ屋

スタンプをもらうのは合計で6箇所。↓のボタンからマップのPDFがダウンロード出来ます。印刷はカラー&A3サイズ推奨です。

スタンプラリーMAPダウンロード

開催場所と日時は?

開催場所は本町商店街周辺と、塩竈市杉浦惇美術館、太田與八郎商店、カフェはれま等になります。

日時は令和2年11月14日(土)と15日(日)の2日間、時間は10時から15時まで。

駐車場はある?

無料駐車場として開放されるのは、塩竈市杉浦惇美術館の駐車場と、鹽竈神社裏坂下駐⾞場になります。台数的に17台しか駐められないので、コインパークに駐めたほうが早いかもしれません。

まとめ

雑貨を販売する女性

複数のイベントが同時開催される今年の「暮らしの市」は、塩竈の街を歩きながらパンやお菓子を食べたり、雑貨や工芸品を眺めたり、ワークショップでモノ作りを体験したりと、「街ブラ」するのにぴったりなイベントです。

もちろん、暮らしの市に直接参加してない店舗も通常通り営業してますし、ちょっと足を伸ばせば鹽竈神社や寿司の有名店といった塩竈の名所もたくさんあります。

この機会にぜひ街ブラしながら、塩竈の街を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJIMOHACK宮城をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
かずさん

かずさん

Web製作・Webマーケティングのお仕事してます。JIMOHACK宮城編集長のかずさんです。宮城の良さを一人でも多くの人に伝えるため、今日も記事を書いてます。ジモハックで地域貢献、目指してます。

関連記事

  1. 来々亭

    塩釜市老舗のラーメン店「来々軒」はチャーハンもラーメンもオススメ!

  2. 利府町にある人気店『麺屋 久兵衛』で魚介系味噌らーめんを楽しむ!

  3. 明太唐揚げ弁当

    多賀城のからあげ一歩でお持ち帰り!明太唐揚げ弁当が美味かった話

  4. 【塩竈市】東華食堂でチャーシュー麺を食す!塩釜老舗ラーメンの懐かしい味

  5. 塩竈市のLet’sタク配とは?ブレアマリーナのパスタを実際に頼んでみた!

  6. 利府町の『北京』で絶品あんかけを堪能♪知る人ぞ知る人気店はこちら!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。