【長町南】路地裏カフェ「cafeこもれび」贅沢はちみつチーズケーキを堪能

こんにちは、ORIです。

今回は、長町南駅近くの路地裏にあるチーズケーキ専門店「cafeこもれび」さんに行ってきました!

オーナーご自身がリノベーションしたこだわりの空間で、ほっこり心温まる、ゆるやかな時間を過ごしてきました。

ハチミツの甘さとスッキリとしたチーズケーキのハーモニーが楽しめる、看板メニューの「贅沢はちみつチーズケーキ」をいただきましたので、ご紹介します。

cafeこもれびの場所と駐車場

cafeこもれびの外観

cafeこもれびさんは、長町南駅から歩いて約4分のところにあります。

七十七銀行長町南支店の裏側の道に入って進み、右に曲がって住宅が並ぶ細い路地裏に入ると、お店があります。

案内が少ないので、お店の場所はわかりにくいかもしれませんが、隠れ家のようなお店でワクワクしますね。

お店の入口は、建物の外階段の影に隠れていて見えづらいです。

でも敷地の端のほうに、カフェメニューの写真が貼ってある小さな看板があるので、それを目印にするといいと思います。

表の看板

お店の前に駐車場がありますが、cafeこもれびさんの駐車場ではないようです。

店舗前の駐車場

車で行く場合は、長町駅周辺の有料駐車場に駐めてから、歩いてくるといいと思います。

店内外の様子

店舗前のエクステリア

入口手前には、ナチュラルテイストの可愛らしい飾りがあります。入る前から、ホッコリした気持ちになれますね。

後ろの柵のようなボードは、「すのこ」をリメイクして、オーナーさんたちが作ったものだそうです。

cafeこもれびの入口

ドアには「チャイムは鳴らさず、そのままドアを開けてお入りください。」と書いてあります。

チャイムがついているので、つい鳴らしたくなりますが、鳴らさずにそのまま入りました。

子供じゃないので我慢するでござる。

下駄箱

中に入ると、床が段差になっていて、目の前に下駄箱があります。

靴を脱いで上がり、スリッパに履き替えました。

手洗い場

感染症対策として、玄関入ってすぐの手洗い場で手を洗います。

店内の廊下

廊下のライトがオシャレ。まるで木漏れ日が降り注いでいるようです。

廊下左手のドアから中に入ると、カフェスペースになっています。

カウンター席
テーブル席

席は2人掛けのカウンター席1つと、2人掛けのテーブル席2つ。

ピアノのBGMが心地いいです。

入口は普通のおうちの玄関みたいだから、カフェスペースに入るまで、本当にカフェなのか不安になっちゃいました(笑)

ひとりで落ち着いた時間を過ごしたり、親しい友人同士、カップル、家族でゆっくりお喋りできそうな空間です。

並べられた絵本

心温まりそうな絵本もあります。童心に返って、読みふけるのもいいかもしれませんね。

ちなみにこのお店は、もともと整体院だった場所をリノベーションして、カフェにしたそうです。

入口と廊下の造りはそのままで、接骨院の待合室を飲食スペースにし、施術室をキッチンに。

だから入口が玄関みたいだったんだね!

たしかに、クリニックだと入口で靴を脱ぐことが多いでござるな。

もともとオーナーさんは、カフェ巡りが趣味の看護師でした。

でも50代を目前に一念発起し、看護師を辞めてカフェを開くための勉強を開始。

そして、参加型リノベーションのコミュニティ「TEAM DIO」の方々とのご縁があり、長町の整体院をリノベーションしてカフェを開くことになったそうです。

壁の木の板の飾りや、飾り棚、テーブルなど、なんとほとんどの家具が手作り!

手作りの飾り棚

仙台南部にある様々なホームセンターを駆け巡って材料を集め、カット・塗装・組み立てしたそうです。

手作りのテーブル

オーナーさんの妹さんも協力して、なんとか完成。

手作りの壁板

オーナーさんは、「手作りだから、ちょっと板と板の間に隙間があったりするんです(笑)」とおっしゃっていましたが、味があって素敵です。

ほっこりした雰囲気のカフェだけど、並々ならぬ熱意を感じます……!

アンティークアート

ディスプレイしている、青い花が描かれた作品にも、オーナーさんの思い入れがあります。

とある骨董市で、この作品に一目惚れしたオーナーさんは、そのときのポケットマネーを全て出しきって購入。

あまりにこの作品が好きなオーナーさんは、作家さんに許可をとり、手作りのカウンターに作品を模写しました。

アンティークアートの模写

淡くて落ち着いた色味でお店の雰囲気とマッチしており、このペイント自体も作品として素敵だと思います。

cafeこもれびのメニュー

チーズケーキ専門店ということで、いろいろなチーズケーキがありました。

今回訪問時のチーズケーキは、4種類。

  • 贅沢はちみつチーズケーキ
  • ベイクドチーズケーキ
  • ピスタチオのチーズケーキ
  • ミルクティーチーズケーキ
贅沢はちみつチーズケーキのメニュー

看板メニューの「贅沢はちみつチーズケーキ」は、一般社団法人まちくる仙台主催の「第1回プレミアムスイーツコンテスト」で、グランプリを受賞したケーキ!

ベイクドチーズケーキのメニュー

もちろん、チーズケーキといったら思い浮かべる「ベイクドチーズケーキ」もあります。

ピスタチオのチーズケーキのメニュー
ミルクティーチーズケーキのメニュー

「ピスタチオのチーズケーキ」や「ミルクティーチーズケーキ」といった、珍しいチーズケーキも気になります。

みたらしチーズプリンのメニュー

お持ち帰りのみの販売ですが、「みたらしチーズプリン」というプリンもあります。

鎌田醤油さん(美里町)の醤油と、花兄園さん(太白区)の卵を使用しています。

こもれびブレンドのメニュー

ドリンクメニューも豊富です。

こもれびブレンドは、広瀬川の近くにある「自家焙煎 珈琲まめ坊」さんのブレンド豆を使用しています。

さまざまなチーズケーキに合うように、2種類のブレンド豆を用意。

  • 若葉(浅煎り):柑橘系のチーズケーキに合うブレンド。
  • 深緑(深入り):ベイクドチーズケーキに合うブレンド。
ハーブティーのメニュー

ハーブティーには、「ハーブ工房まーじょらむ」さんの、ハーブティーを使用。

自生ハーブや無農薬ハーブを、のみやすくブレンドしています。

リンゴジュースのメニュー

「本日のリンゴジュース」として、山形県村山市の「永澤農園」さんのリンゴジュースを提供。

「本日の」とついているのは、約1週間ごとに、提供しているリンゴジュースの品種が変わるから。

リンゴジュース瓶が1瓶無くなったら、次は別の品種のリンゴジュース瓶に切り替えるそうです。

アイスハーブティーのメニュー

アイスハーブティーは、レモンを入れると色が変わるようです。面白いですね。

アイスコーヒーのメニュー

アイスコーヒーには、通常の倍の量の豆を使ってつくっています。リッチな味わいを楽しめそうです。

はちみつレモンソーダのメニュー

はちみつレモンのソーダは、スッキリしそう。輪切りのレモンが浮かんでいてオシャレ。

自家製いちごミルクのメニュー

自家製いちごミルクは、いちごとミルクのグラデーションがキレイです。

ケーキやドリンクは、季節ごとに少しずつメニューが変わります。定期的に通って、チェックしたくなっちゃいますね!

焼き菓子コーナー

クッキー等の焼き菓子販売もしています。ちょっとした手土産に良さそう。

贅沢はちみつチーズケーキ

贅沢はちみつチーズケーキ

チーズケーキはどれも美味しそうで悩んでしまいましたが、今回は看板メニューの「贅沢はちみつチーズケーキ」を選びました。

大年寺山で日本蜜蜂の養蜂をしている「大竹園」さんのハチミツを使用。

日本蜜蜂のハチミツは、西洋蜜蜂に比べて約5%しか採れない貴重なハチミツですから、なかなか他の場所で味わう機会はないかもしれません。

プルンとした食感のチーズケーキです。甘さはかなり控えめで、スッキリした後味。

贅沢はちみつチーズケーキ断面図

中にはトロッとしたハチミツとレモンのジュレが。ほどよい酸味です。

ふぉぉぉぉプルプルでござる~

はちみつのアップ

ハチミツは濃厚な味わいなのに、ドロドロせずサラッとした舌触り。

ハチミツをチーズケーキにかけて食べると、はちみつの甘さとスッキリしたチーズの風味が合わさって、また違う味わいになります。

チーズケーキなのに、重たくなかったです!

本日のリンゴジュース

本日のリンゴジュース

飲み物は、リンゴジュースをチョイス。

今回訪問時のリンゴの品種は、「初恋」でした。

酸味をほとんど感じない、淡くスッキリとした甘さのあるリンゴジュース。

ほんのりと甘い「初恋」を感じる味です。

スーパーには売っていない、めずらしい品種のリンゴジュースをいただくことができました♪

営業時間・アクセス

店名cafeこもれび
住所〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町7丁目12−4
電話番号080-3149-9177
営業時間12:00~18:00
定休日火曜日、水曜日
駐車場なし
アクセス・道案内長町南駅から歩いて約4分。七十七銀行長町南支店の裏側の道に入って進み、右に曲がった住宅が並ぶ細い路地裏にある。
公式ホームページ
SNSFacebook

まとめ

今回はcafeこもれびさんで、はちみつを掛けて食べる「贅沢はちみつチーズケーキ」と、珍しい品種のリンゴジュースをいただきました。

チーズケーキ作りと店内の雰囲気づくりの両方に妥協がなく、オーナーさんのこだわりを感じました。

オーナーさんと妹さんは気さくでお喋りな人たちで、楽しい時間を過ごせました。温かい気持ちになれるカフェだと思います。

「優しさを感じられる空間で、心と身体を癒やしたい」「写真映えもする、本格的なチーズケーキを食べたい」という人は、cafeこもれびさんに足を運んでみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJIMOHACK宮城をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

ORI

宮城県在住の主婦。仙台生まれ仙台育ちで、仙台・宮城のことが大好き!県内観光・食べ歩きが趣味です。ずんだ、牛タン、いちご、海の幸、笹かま、萩の月......挙げたらきりがない!美味しいものいっぱいの宮城、最高!!!
  • コメント: 0

関連記事

  1. Poisson Bleu CAFE

    【大崎市】ポワッソンブルーカフェが7月31日オープン!生搾りモンブランを食べてきた

  2. しろくろ食堂

    『しろくろ食堂』太白区緑ヶ丘にカレーとカフェの店がオープン!

  3. otomo.

    塩竈市の「otomo.」は日替わりランチがリーズナブルでこだわりの味

  4. ヴィクトリアンカフェが宮城野区原町に移転オープン!名物グラスティラミスとランチを堪能

  5. 和歌珈琲

    多賀城の「和歌珈琲」は古代米クレープがもっちり美味しいテイクアウトカフェ

  6. 【仙台市】Suns Smoothie&Cafe|フォトジェニックなベリースムージーでハッピー気分

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA