塩竈の老舗『金谷豆腐店』が年内で閉店へ | 作り続けて50年のこだわり豆腐を味わう

金谷豆腐店

どうもこんにちは、かずさんです。

塩竈市権現堂にある老舗の豆腐店「金谷豆腐店」が2022年の12月31日で閉店されるとのことです。

私が子供の頃からある豆腐屋さん、以前は移動販売もされていてよく買ってました。最近は移動販売車も見なくなってどうされたのかと思ったら、まさかの閉店。

老舗店が作る熟練の味、最後にもう一度食べたくなりお邪魔してきました。

金谷豆腐店について

金谷豆腐店の外観

「金谷豆腐店」は、塩竈市権現堂にある老舗の豆腐店。「みやぎ生協塩釜栄町店」から鹽竈神社方面へ進む途中にお店があります。

お店の造りはこじんまりとしていて、販売所は2~3人が入れるかどうかぐらいの広さ。駐車場はお店の前のスペースです。公共交通機関を使う場合は、バスがおすすめ。「泉沢」のバス停で降りると近いです。

閉店のお知らせ

入口の扉に閉店のお知らせが貼られていました。12月31日までの営業とのことです。

店内の商品

遅い時間にお邪魔したためか、商品はあまり残ってませんでしたが、生湯葉や寄せ豆腐が残ってました。ラッキー。

本にがり寄せ豆富

本にがり寄せ豆富

購入したのは「本にがり寄せ豆富」。本当は看板商品の「竈豆富」が食べたかったですが、こちらは冬は作ってないので手に入りませんでした。

とはいっても、こちらの寄せ豆富もめちゃめちゃ美味しいんです。

金谷豆腐さんの「にがり」はチベット産の高純度のものを使われているということで、こだわりが凄い。50年以上かけてたどり着いた熟練の味がここに。

金谷豆腐店の寄せ豆富

なめらかなでプルプルな豆腐。これは美味しそう。

なめらかな寄せ豆富

まるでチーズケーキのような見た目ですが、食べるとつるりとなめらか!そして豆の味が濃い!う~ん、やっぱり美味しいですね!

濃くてやさしい大豆本来の旨味を堪能できます。日本酒と合わせたらいくらでも食べれそうな予感。豆の味を味わうためにも、醤油は入れないほうが良いかも。塩が合いそうです。

金谷豆腐店の生湯葉

生湯葉も購入。「ミヤギシロメ大豆」100%の生湯葉。ミヤギシロメは大粒で甘いのが特徴の大豆。こちらも余分なものは使わず、昔ながらの製法で作られたこだわりの逸品。

とろける生湯葉

んんんとろけますな!これまたやっぱり美味い。日本酒が足りないので持ってきてください。そのまま食べても、わさび醤油をつけても良い感じ。

金谷豆腐店の絹揚げ

絹揚げは煮物にしていただきました。これも美味しかったです。

どの商品もこだわりを持って作られていて、やはりここでしか買えない逸品でした。この味が食べられなくなるのは残念です。

営業時間/アクセス

店名金谷豆腐店
住所〒985-0064 宮城県塩竈市権現堂19−5
電話番号022-362-1495
営業時間9:00~17:00
定休日日曜日
駐車場あり

まとめ

塩竈市の老舗豆腐店「金谷豆腐店」さんの、こだわりの豆腐をいただきました。

スーパーで売ってるお豆腐とは一味も二味も違うこだわりの熟練の味、食べられなくなるのは本当に残念です。

営業は年内12月31日までとのことですので、思い出の深い方、一度食べてみたい方、ぜひ一度お店に足を運んでみてください。

関連記事

  1. 多賀城の老舗焼肉店『焼肉 吉田屋』で雰囲気も味も最っ高な焼肉を楽しむ♪

  2. & HouSE.

    松島海岸にオープンした『& HouSE.(アンドハウス)』でカフェとアートを愉しむ

  3. ビリーのまぜそば

    イオンモール新利府南館にオープンした『ビリーのまぜそば』で辛旨まぜそばを食べてきた

  4. 支那そばや

    多賀城市下馬に『支那そば 高橋商店』がオープン予定!石巻の人気店が多賀城に!

  5. らーめん三福

    利府町『らーめん三福』の濃厚の日に濃厚らー麺と鶏塩めしを食べてきた

  6. Chariot

    塩竈市「チャリオット」でヴィーガンランチと海景色を楽しむ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA